募集中
宿泊施設・温泉
0

江東区7 5m2ホテル・旅館物件 事業譲渡

  • ID: c125525
  • 情報提供元:TRANBI
  • 公開日:2020/03/16

案件概要

売却希望額 1,200,000円
譲渡理由 財務的理由のため 管理物件の整理の都合上
所在地 東京都

財務情報

売上 5,000,000円
営業利益 損益なし
総資産 5,000,000円
純資産 5,000,000円
負債合計 なし

事業売却の追加項目

事業内容 ホテル・旅館業の許可取得済み物件になります。事業内容は通常のホテル・旅館業で利用していました。 〈概要〉 ⚫︎場所: 門前仲町駅 徒歩7分以内 ⚫︎建屋: 3階建建物 1Fに1区画、2F3Fに1区画(こちらをホテル・旅館運営中) 建物の構造: 鉄骨 床面積: 75m2、 当旅館:2階、3階部分 ※2階に入り口 築年: 1997年 家賃 : 30万円+税 状況: 物件一棟を同オーナーが所有しています。1Fは全く別の方が住居として利用中。 立地は門前仲町駅から永代通りを銀座方面に進み、少し路地を入ったところにあります。 角地で目の前の道は広いです。 ⚫︎宿泊事業: 旅館業取得可能 (要認可取得) 私の方ですでに取得実績のある物件のため、何か大きな工事が追加で必要になったりなどはないかと思います。 売買時の発生項目 - 譲渡金額120万円 -- 物件の賃貸借権の譲渡(名義書換え) -- 家具家電の所有権の譲渡 -- 敷金1ヶ月分(償却されない)の譲渡 - 貸主との賃貸借契約にて必要な保証会社への保証料 : 家賃1ヶ月分(推定) ※私のときは家賃1ヶ月でした - 礼金2ヶ月(3月中の成約時) 売買希望の方が複数おられる場合は、価格よりも売買時期を最優先に考慮させて頂きます。 <経緯> 昨年7月から賃借を始めましたが、旅館業の取得に4ヶ月ほどかかってしまいました。その後、運営を開始しましたが、コロナウイルスによって宿泊市場回復の目処がなかなか読みづらく、オリンピックの開催可否も危ぶまれる状況で、私としては物件を整理する過程で売却の判断をしたところになります。 <所感> 私の方が民泊事業を数年間やってきた関係で、AirBNBのみで集客し、顧客の軸をインバウンド市場(訪日外国人市場)においておりました。国内市場が宿泊需要の7割ほどと言われており、これを考えれば、まだまだ稼働や集客力を伸ばす余地はあったかと思います。 オリンピックは開催が中止か延期の可能性が囁かれており、どうなるかわかりませんが、イベント、競技場、展示会が多く、その中でも75m2の部屋の供給が少ないため、事業者によってはうまく回していけるのではないかと思います。 私の方は新型コロナウィルスの影響を強く受けており、物理的にも拠点から距離があるところで始めてしまった後悔もあり、早めに撤退する判断をしました。 このぐらいの広さで、旅館業可能な物件はなかなかありませんので、希少性の高い案件かとは思います。 立ち上げには、賃貸時諸費用、設備工事費、家具家電の手配、書面作成など約400万円の資金と約4ヶ月の時間を費やしております。/主な顧客/2020-03-23 10:27/変更前 ホテル・旅館業の許可取得済み物件になります。事業内容は通常のホテル・旅館業で利用していました。2019年10月に許可取得し、12月頭から営業を開始しており、まだほとんど日が経っていない状態です。 複数のOTAから宿泊予約を受け付け、該当期間、宿泊サービスを提供し、宿泊料を受け取り、これが売上となります。 かかってくる主な費用は、家賃(物件を賃貸借契約で借りているため)、光熱費、Wifi費用、清掃費、消耗品費となります。 変更後 ホテル・旅館業の許可取得済み物件になります。事業内容は通常のホテル・旅館業で利用していました。 〈概要〉 ⚫︎場所: 門前仲町駅 徒歩7分以内 ⚫︎建屋: 3階建建物 1Fに1区画、2F3Fに1区画(こちらをホテル・旅館運営中) 建物の構造: 鉄骨 床面積: 75m2、 当旅館:2階、3階部分 ※2階に入り口 築年: 1997年 家賃 : 30万円+税 状況: 物件一棟を同オーナーが所有しています。1Fは全く別の方が住居として利用中。 立地は門前仲町駅から永代通りを銀座方面に進み、少し路地を入ったところにあります。 角地で目の前の道は広いです。 ⚫︎宿泊事業: 旅館業取得可能 (要認可取得) 私の方ですでに取得実績のある物件のため、何か大きな工事が追加で必要になったりなどはないかと思います。 売買時の発生項目 - 譲渡金額120万円 -- 物件の賃貸借権の譲渡(名義書換え) -- 家具家電の所有権の譲渡 -- 敷金1ヶ月分(償却されない)の譲渡 - 貸主との賃貸借契約にて必要な保証会社への保証料 : 家賃1ヶ月分(推定) ※私のときは家賃1ヶ月でした - 礼金2ヶ月(3月中の成約時) 売買希望の方が複数おられる場合は、価格よりも売買時期を最優先に考慮させて頂きます。 <経緯> 昨年7月から賃借を始めましたが、旅館業の取得に4ヶ月ほどかかってしまいました。その後、運営を開始しましたが、コロナウイルスによって宿泊市場回復の目処がなかなか読みづらく、オリンピックの開催可否も危ぶまれる状況で、私としては物件を整理する過程で売却の判断をしたところになります。 <所感> 私の方が民泊事業を数年間やってきた関係で、AirBNBのみで集客し、顧客の軸をインバウンド市場(訪日外国人市場)においておりました。国内市場が宿泊需要の7割ほどと言われており、これを考えれば、まだまだ稼働や集客力を伸ばす余地はあったかと思います。 オリンピックは開催が中止か延期の可能性が囁かれており、どうなるかわかりませんが、イベント、競技場、展示会が多く、その中でも75m2の部屋の供給が少ないため、事業者によってはうまく回していけるのではないかと思います。 私の方は新型コロナウィルスの影響を強く受けており、物理的にも拠点から距離があるところで始めてしまった後悔もあり、早めに撤退する判断をしました。 このぐらいの広さで、旅館業可能な物件はなかなかありませんので、希少性の高い案件かとは思います。 立ち上げには、賃貸時諸費用、設備工事費、家具家電の手配、書面作成など約400万円の資金と約4ヶ月の時間を費やしております。/主な顧客
この案件に問い合わせる
事業譲渡・承継をお考えの方まずは無料会員登録 ▶︎▶︎

サイトの利用にはユーザー登録が必要です。登録は1分で完了します。