募集中
住宅・ビル管理
0

渋谷民泊 60㎡ 民泊営業許可取得済み

  • ID: c126244
  • 情報提供元:TRANBI
  • 公開日:2020/04/09

案件概要

売却希望額 4,000,000円
譲渡理由 財務的理由のため,事業の存続性に対する不安のため,戦略見直しのため 新型コロナウィルスの影響で予約のキャンセルが相次いだこと。 平常時は高利回りで運用できていたので、他に運用される方がいればと思い。
所在地 東京都

財務情報

売上 5,000,000円
営業利益 5,000,000円
総資産 5,000,000円
純資産 5,000,000円
負債合計 なし

事業売却の追加項目

事業内容 〈概要〉 ⚫︎場所: 渋谷駅ハチ公口から徒歩7分、A0出口から徒歩3分 ⚫︎建屋: マンション(床面積60平米、9階建9階) ⚫︎宿泊事業: 民泊営業許可取得済み、旅館業取得不可 ⚫︎家賃: 転貸借契約、33万+消費税    1か月フリーレント ⚫︎売値: 400万 →早期売却したいため価格交渉に応じます。 売買希望の方が複数おられる場合は、価格よりも売買時期を最優先に考慮させて頂きます。 基本的には購入者様がご自身で民泊登録をしなおす必要があります。通常2週間程度と思われますが、民泊登録に要する期間として1か月分の家賃を免除致します。 ※名義変更を行わずに営業したい方は応相談 民泊需要が高いと言われる東京都渋谷区道玄坂に所在する民泊物件の使用権を譲渡します。 立地は渋谷駅から徒歩6分以内に位置します。 広さは60平米あり、最大収容人数は12人です。 この広さ、収容人数は、ホテルや他のワンルーム民泊との競合を心配する必要はありません。 民泊利用者の殆どは外国人が占めますが、過去のオリンピック開催国の傾向から、インバウンド需要はオリンピック終了後から本格的に伸びると言われており、その成長は数年間持続することが期待されます。 新型コロナウィルスは既に世界中に広がり根絶困難と判断されれば、今後はインフルエンザと同様の扱いとなると言われております。 数ヶ月で世界中の渡航規制は解除され、民泊事業も再度盛り上がると考えられます。 今回のコロナショックにより民泊事業者は淘汰されております。 ショックを離脱した後には残された民泊物件に利用者が集中し、民泊単価アップも見込めると考えられます。(民泊新法制定時に民泊物件が減少した際と同じ状況) 当物件が開業して早々に新型コロナウィルスの影響が顕在化し、得られていた予約は全てキャンセルされてしまっております。 渋谷道玄坂の立地、他の民泊に比較して圧倒的な競争力、収益力があるものと思われ、新型コロナの影響が薄れれば再度集客は見込めるはずです。 立ち上げには、賃貸時諸費用、設備工事費、内装・組み立て設置費、デザイン費、調査費など約300万円の資金と約2ヶ月の時間を費やしております。 事業譲渡の方法は、賃貸借契約の締結による建物使用権の付与及び、内装設備の全てを譲渡する事で完了するものとします。 実際の民泊事業開始には、購入者様が改めて民泊届出を提出する場合、登録には2週間程度かかるはずです。 ※名義変更を行わずに営業したい方は応相談 必要があれば、届出を代行する行政書士や運営や清掃を完全に委託できる業者もご紹介可能です。 ご連絡をお待ちしております。/2020-04-10 09:24/変更前 〈概要〉 ⚫︎場所: 渋谷駅ハチ公口から徒歩7分、A0出口から徒歩3分 ⚫︎建屋: マンション(床面積60平米、9階建9階) ⚫︎宿泊事業: 民泊営業許可取得済み、旅館業取得不可 ⚫︎家賃: 転貸借契約、33万+消費税    1か月フリーレント ⚫︎売値: 300万 →早期売却したいため価格交渉に応じます。 売買希望の方が複数おられる場合は、価格よりも売買時期を最優先に考慮させて頂きます。 基本的には購入者様がご自身で民泊登録をしなおす必要があります。通常2週間程度と思われますが、民泊登録に要する期間として1か月分の家賃を免除致します。 ※名義変更を行わずに営業したい方は応相談 民泊需要が高いと言われる東京都渋谷区道玄坂に所在する民泊物件の使用権を譲渡します。 立地は渋谷駅から徒歩6分以内に位置します。 広さは60平米あり、最大収容人数は12人です。 この広さ、収容人数は、ホテルや他のワンルーム民泊との競合を心配する必要はありません。 民泊利用者の殆どは外国人が占めますが、過去のオリンピック開催国の傾向から、インバウンド需要はオリンピック終了後から本格的に伸びると言われており、その成長は数年間持続することが期待されます。 新型コロナウィルスは既に世界中に広がり根絶困難と判断されれば、今後はインフルエンザと同様の扱いとなると言われております。 数ヶ月で世界中の渡航規制は解除され、民泊事業も再度盛り上がると考えられます。 今回のコロナショックにより民泊事業者は淘汰されております。 ショックを離脱した後には残された民泊物件に利用者が集中し、民泊単価アップも見込めると考えられます。(民泊新法制定時に民泊物件が減少した際と同じ状況) 当物件が開業して早々に新型コロナウィルスの影響が顕在化し、得られていた予約は全てキャンセルされてしまっております。 渋谷道玄坂の立地、他の民泊に比較して圧倒的な競争力、収益力があるものと思われ、新型コロナの影響が薄れれば再度集客は見込めるはずです。 立ち上げには、賃貸時諸費用、設備工事費、内装・組み立て設置費、デザイン費、調査費など約300万円の資金と約2ヶ月の時間を費やしております。 事業譲渡の方法は、賃貸借契約の締結による建物使用権の付与及び、内装設備の全てを譲渡する事で完了するものとします。 実際の民泊事業開始には、購入者様が改めて民泊届出を提出する場合、登録には2週間程度かかるはずです。 ※名義変更を行わずに営業したい方は応相談 必要があれば、届出を代行する行政書士や運営や清掃を完全に委託できる業者もご紹介可能です。 ご連絡をお待ちしております。 変更後 〈概要〉 ⚫︎場所: 渋谷駅ハチ公口から徒歩7分、A0出口から徒歩3分 ⚫︎建屋: マンション(床面積60平米、9階建9階) ⚫︎宿泊事業: 民泊営業許可取得済み、旅館業取得不可 ⚫︎家賃: 転貸借契約、33万+消費税    1か月フリーレント ⚫︎売値: 400万 →早期売却したいため価格交渉に応じます。 売買希望の方が複数おられる場合は、価格よりも売買時期を最優先に考慮させて頂きます。 基本的には購入者様がご自身で民泊登録をしなおす必要があります。通常2週間程度と思われますが、民泊登録に要する期間として1か月分の家賃を免除致します。 ※名義変更を行わずに営業したい方は応相談 民泊需要が高いと言われる東京都渋谷区道玄坂に所在する民泊物件の使用権を譲渡します。 立地は渋谷駅から徒歩6分以内に位置します。 広さは60平米あり、最大収容人数は12人です。 この広さ、収容人数は、ホテルや他のワンルーム民泊との競合を心配する必要はありません。 民泊利用者の殆どは外国人が占めますが、過去のオリンピック開催国の傾向から、インバウンド需要はオリンピック終了後から本格的に伸びると言われており、その成長は数年間持続することが期待されます。 新型コロナウィルスは既に世界中に広がり根絶困難と判断されれば、今後はインフルエンザと同様の扱いとなると言われております。 数ヶ月で世界中の渡航規制は解除され、民泊事業も再度盛り上がると考えられます。 今回のコロナショックにより民泊事業者は淘汰されております。 ショックを離脱した後には残された民泊物件に利用者が集中し、民泊単価アップも見込めると考えられます。(民泊新法制定時に民泊物件が減少した際と同じ状況) 当物件が開業して早々に新型コロナウィルスの影響が顕在化し、得られていた予約は全てキャンセルされてしまっております。 渋谷道玄坂の立地、他の民泊に比較して圧倒的な競争力、収益力があるものと思われ、新型コロナの影響が薄れれば再度集客は見込めるはずです。 立ち上げには、賃貸時諸費用、設備工事費、内装・組み立て設置費、デザイン費、調査費など約300万円の資金と約2ヶ月の時間を費やしております。 事業譲渡の方法は、賃貸借契約の締結による建物使用権の付与及び、内装設備の全てを譲渡する事で完了するものとします。 実際の民泊事業開始には、購入者様が改めて民泊届出を提出する場合、登録には2週間程度かかるはずです。 ※名義変更を行わずに営業したい方は応相談 必要があれば、届出を代行する行政書士や運営や清掃を完全に委託できる業者もご紹介可能です。 ご連絡をお待ちしております。
この案件に問い合わせる
事業譲渡・承継をお考えの方まずは無料会員登録 ▶︎▶︎

サイトの利用にはユーザー登録が必要です。登録は1分で完了します。