募集中
繊維・衣料卸・小売
0

2009年設立の国産有名ウェットスーツブランド全権利譲渡

  • ID: c6040
  • 情報提供元:TRANBI
  • 公開日:2019/10/03

案件概要

売却希望額 7,500,000円
譲渡理由 戦略見直しのため 家族で海外移住を検討している為、オーナー自身は今後オーナーではなく、全ての権利を譲渡しブランドディレクターとして関わりたい。
所在地 神奈川県

財務情報

売上 25,000,000円
営業利益 5,000,000円
総資産 非公開
純資産 5,000,000円
負債合計 なし

事業売却の追加項目

事業内容 2009年設立、湘南茅ヶ崎にて有名プロサーファーがデザイン、プロデュース、製作(昨年まで)、宣伝、販売まで全てを行う国産ウェットスーツブランド。在庫やデッドストックはありません。借金も負債も無し。 2020年の東京オリンピックでサーフィンが正式種目に加わり、現在世界でサーフィン人気、バブルが起こっています。オンラインストアはまだ起動していないため、ECを確保すればもっと売り上げを上げれる。 希望譲渡額、850万(交渉可能)、オーナー自身、ブランドディレクターとして関わり続けたい(応相談) 日本国内を見ると200万人、そのうち競技人口は20万人とされています。年々、競技人口が増加しているサーフィン業界です。 総務省『平成23年社会生活基本調査(生活行動に関する結果)』によると、日本での各スポーツの競技人口は、サッカー600万人、バスケットボール400万人、野球800万人、ゴルフ900万人とされています。 これらのメジャースポーツには及びませんが、200万人といわれるサーフィン人口は、かなり高い数字と言えるでしょう。また日本でもオリンピックが千葉で開催され盛り上がっている他、日本人サーファーも今世界で活躍しています。 そもそもサーフィンは誰もが1度は興味を持つ魅力的なスポーツです。ウェブサイト、SNSでブランドアピールしてます。
この案件に問い合わせる
事業譲渡・承継をお考えの方まずは無料会員登録 ▶︎▶︎

サイトの利用にはユーザー登録が必要です。登録は1分で完了します。