基礎知識

買収後のpmiの詳細やメリットを解説

買収後のpmiの詳細やメリットを解説

M&Aが行われた後、買収した企業と買収された企業の間では、pmiが行われます。今回は、買収後に行われるpmiでは、一体どのような事が行われているのか詳しく解説していきます。pmiを行う場合は、どう生かせばスムーズに行えるのか、内容をよく理解して確認しておきましょう。

買収後のpmiとは一体なにか

買収後のpmi
企業がM&Aを行い、買収が成立した後、企業間ではpmiと呼ばれるものが行われます。Pmiとは、略称で、正しくはポストマネジメントインテグレーションといいます。

買収され、企業間が合併した後に行われるやり取りの事です。大きく分けて5つにわけることができるpmiでは、各セクションをしっかりと行う事で、統合が完了する流れです。M&Aを行った後は、pmiを行う事で、早期の段階から統合を進めることができ、企業価値をより高めることができます。

M&Aを行う上でとても大切な工程です。買い手企業がしっかりと行う事で、買収した企業の事業や経営方針を取り入れつつ、さらなる発展につなげていくことができるので、理解しておきましょう。

ここからは、pmiの内容について解説していきます。

制度面

M&Aを行うことによって、2つの企業が合併し、新しい会社として一歩を踏み出します。その際、制度面でのずれが発生すると、今後亀裂や格差の元になるのです。そこで、M&Aが完了したら、まずは制度面を見直していきましょう。

制度面度は、企業が今まで行ってきた人事制度や報酬に関する制度、退職金に関わる制度などが主に挙げられます。従業員が高いモチベーションをもって事業に取り組むことができるための、企業からのサポートです。企業を合併することで、2社間の制度にずれや格差が生まれないよう、制度の見直しを行っていくことは、pmiの中でも重要です。

人事や報酬面だけでなく、人材の育成や新入社員のための研修なども制度の見直しの中に組み込まれています。よりよい企業にするためにも、細かい部分まで見直していくといいでしょう。

業務面

Pmiを行う場合は、業務面も見直しを行い、しっかりと統合を行う事が大切です。業務面でのpmiでは、業務に関する管理やオペレーションを1つに統合することが求められます。統合することで発生するメリットとデメリットを想定し、今後業務にどのような影響が出るのかを鑑みた上で調整を行っていきましょう。

業務に関するpmiでは、主に3つ統合が必要です。まず1つ目は人事です。人事面では、買収先の人事を適切な場所に配置することができるか、その人の強みをどう業務面に活かせるかを適宜見直しましょう。買収先の社員のみを優遇したり、買収先の社員を適切な場所に配置できないことは、統合後の亀裂の大きな原因になる可能性があります。

2つ目は、経理面です。経理のシステムやオペレーションを見直すことで、2社間のずれを改善し、よりよいシステムの中で業務を進めやすくなります。3つ目の経営面も同様、統合によって発生したずれや認識の違いを整え、業務しやすい環境づくりをしていくことが大切です。

事業面

統合することで、両社それぞれで行われていた取引が1つになる場合があります。事業面の見直しでは、事業内容や取引先の精査を行う必要があります。M&Aによって企業が合併されると、類似の事業をそれぞれの会社が行っていることもしばしばあるでしょう。

その場合は、取捨選択を行い、類似の事業はどう統合するかを話しあうことが大切です。統廃合を行う事で、シナジー効果の向上も見込めます。両者に存在する事業のデータや数値をしっかりと見直し、統合を進めていきましょう。

意識面

次が、意識面です。それぞれの企業で挙げられている経営理念や、それまでの企業文化といった考え方の違いを擦り合わせる事で、従業員同士の受け入れ合いを進めることができます。

統合後にそういった企業間の考え方の違いを擦り合わせる事も大切です。しかし、場合によっては、M&Aを行うと決定した段階から、従業員には今後の事業に関わる方針や変更点などをあらかじめ話しておきましょう。

さらに、事業が統合した後には、その都度変更点を報告し、従業員に明確に提示することが大切です。そうすることで、M&Aが完了し、新しい企業として進めた際に急に知らされるのではなく、あらかじめ従業員も心の準備をしておくことができるでしょう。

スムーズに統合後も経営・事業を進めていくためにも、買収先の企業、買収される企業のどちらの間でも、意識をもっておくことが大切です。

経営面

M&Aを行う事で、新しい企業となり、新たな事業や今以上の発展のために邁進するためには、経営面のpmiを細かく行う必要があります。経営面の統合を行う事によって、会社のトップが変わることもあります。

また、買収される企業のトップは、その地位から退く場合も考えられます。吸収合併の形になる場合、買収される企業は消滅し、存続会社の中に入ることも考えられるからです。そういう場合は、会社のトップ間で綿密に話し合いを重ね、今後企業がどのような経営を進めていくべきかを話し合っておきましょう。

M&Aを進める段階から行っていくことで、ぶれない経営信念を固めることができたり、すり合わせを行う事で企業間のずれをなくすことが可能です。

買収後にpmiを行う利点や押さえておきたいポイント

買収後にpmiを行う利点や押さえておきたいポイント
買収後にpmiを行うことに、どのような意味があるのかについてご紹介しました。ここからは、pmiを行う利点や、行う上で大切にしていきたいポイントをご紹介します。

pmiを行うメリット

Pmiには、いくつかのプロセスが存在し、それぞれをしっかりと見直し、統合を進めていくことがとても大切です。M&Aが完了後pmiを細かく行っていくことで、経営面、事業面、制度面、意識面、制度面を明確にすり合わせることができます。

これにより、仮に短期間でM&Aが行われた場合でも、従業員が混乱することなく、明確な新しい企業の概念や経営戦略、今後の見通しなどを理解することが可能です。

Pmiを利用しないことは、従業員の混乱を招くだけでなく、企業間の統合を妨げる要因となってしまう可能性があります。そのため、従業員にM&Aをすることで、企業がどのように変化していくのかを理解してもらうためにも、pmiを行うのはメリットです。

次に、買収後pmiを行うことで、今後の事業に関するコストやリスクを事前に減らすことができるかもしれない、という事がメリットです。統合を行うと、稀にリスクが発生し、見通しを立てた時は黒字だったものも赤字になる可能性が考えられます。

買収後にpmiをしっかりと行う事で、事業の売り上げが芳しくない場合でも、それを想定することができたり、事前に回避できる方法を模索しておくことが可能です。また、pmiによって取引先の見直しを行ったり、事業の統廃合を進める事で、余計な費用や事業をカットすることができます。

これによって、事業をまとめたり、不要なものを排除し、向上が見込める事業だけを選んで進めていくことができるという点も、大きなメリットです。

pmiを行う際に気を付けたいポイント

Pmiを効率よく行うためには、ポイントを知っておくことが大切です。要点を理解しておくことで、より効率よくpmiを進められます。

まずは、統合する前日までには、pmiをまとめておきましょう。統合が完了してから考えはじめるのでは、遅い場合があり、見落としも考えられます。そのため、M&Aの契約が進み、デューデリジェンスが行われ始めた辺りから、少しずつpmiについて考えていきましょう。

前もって準備しておくことは、M&Aを成功させるにあたり、とても大切です。リスクヘッジや問題点を浮き彫りにし、統合後にしっかりと改善できるよう、細かく案を立てておきましょう。

まだ、Pmiの案を立てるだけでなく、前もって人材の確保や事業を進める上で大切になる、各部署の整理を行う事も大切です。さらには、pmiを進める上で統合をより効果的に行うための判断力を持った人材をあらかじめ確保することで、失敗のリスクをより高確率で減らすことができます。

まとめ

M&Aによって企業の買収が行われた後は、企業間で話合いを進め、pmiを利用して統合を進めましょう。Pmiをするためには、いくつかのプロセスを抑え、各プロセスを細かく行っていくことで、企業間だけでなく従業員たちにも周知させることができます。今回は、pmiの詳細だけでなく、利用するメリットや知っておくと便利な要点をご紹介しました。効率よくpmiを行い、M&Aによって買収された企業をより発展できるよう整えていくために、pmiについての理解を深めていきましょう。

問い合わせはこちらまで